イノウエさん好奇心blog(2018.3.1〜)

MachinoKid Research 代表 教育・哲学・社会学をテーマにブログ配信中。月一更新

『ピエール・ブルデュー(1930-2002)』

f:id:Inoue3:20190220130936j:plain 

 

 月一の学習会にて、今回取り上げさせていただいたのは、仏社会学ピエール・ブルデュー1930-2002)、テーマ図書は、藤原書店ピエール・ブルデュー1930-2002)』(著 加藤晴久)です。

 

 ブルデュー社会学者です。ある哲学者の主張、例えば、寛容を育てる感覚は美意識を元にする、だった場合。
 この感覚を、統計学的に分析するのがブルデューでした。
 

 早速、対談内容から、興味深かった点を引用します。

" ペンで紙の上に書く、チョークで黒板に書く、大きく描く、小さく描く、いろいろですが、一人の人間が書くものには固有の形、姿、特徴があって、それを見ればすぐ、これはあなたの書いたもの、これは私の書いたものとわかります。多様性を超えたところに、ある統一性があるわけです。p27"

 なにをしてもその人の跡が残される、ということでしょうか

" これがどのようにして形成されるか。興味深いのは、ハビトゥスは明らかに後天的に獲得されるのですが、それの獲得のされ方は全く無意識的であるということです。ハビトゥスという私たちの中にある原理、文法は私たちに左右できないもの、私たちの統制の及ばないものであるということです。p27"

 ハビトゥス≒生成原理、個体差の原理かと思われます

" 決定論を認識することによって一つの自由を獲得できるのです。(略)例を挙げます。デカルトスピノザライプニッツら古典哲学者は、人間は情念を持っていると言っています。彼らが情念について語っていることは私がハビトゥスについていうことと同じです。情念を変えることは難しい、情念を変える一つの方法は情念を知ることだというわけです。p28" 

 この取材に対して、対談の著者、加藤氏はこう返答します。

 

" よくあなたは、重力の法則があるからこそ飛べるのだとおっしゃいますが、そういう意味での自由ということですね。p29"

 興味深いやり取りを、垣間見ることができました

 人は環境に束縛されているとは、よく言いますが、情熱に束縛されているという、視点は新鮮でした。想像力があるからこそ、身にしみる拘束力です。

 

 そこで、目下、ぼくにとっての興味は、ハビトゥス(≒生成原理)を知ることで、いったい、どのような自由を得られるのか、という点に移ることになりました。

 実際には、あまりピンときておりません。
 どういうことでしょうか。

 

 この機会に、彼の主著の一つ、『ディスタンクシオン』を手に取り、ざっと眺めてみました。すると、ぼく自身があるハビトゥスを知ったことで、生きる意欲を発揮していたことに気がつかされたのでした。

 

   その、意欲とは、

「ブログを書くことです」

 

 ちなみぼくのハビトゥスは「判断力」を知ったこと、また「判断力の原理」を知ったこと、さらに、この原理を知ることになったぼくの生活環境そのものが、ハビトゥスだったと、気がつかされました。

  冒頭のメタファーに置き換えれば。一連の生活の因果関係が、ぼくの固有の筆跡です。

 

   ブルデューの著書『ディスタンクシオン』の副題は、『社会学判断力批判』です。ここで『判断力』がブルデューにとって重要なテーマだったことがわかります。

 『判断力』は、哲学者カントの批判哲学の一つです。前知識のおかげで、ブルデューの理解も進みました。

 『ディスタンクシオン』フランス語で、Distinction=識別を意味します。

 転じて、≒卓越化、と訳されました。

 人と自分との違い≒個性は、差別化の結果だと考えたわけです。この差別化≒卓越化は、どのような資質をその人の個性として扱うのでしょうか、気になるところです。

 

 自分がもしコカ・コーラを好きであれば、コカ・コーラを毎日飲んでいる、というだけでその習慣を、その人の個性と言って良いか。

 どうでしょうか?

 ブルデューの手本となるカントの『判断力批判』に拠れば、それは個性とは呼びません。

 彼らの言うところの「卓越」でもありません。なぜなら、この事例は、味覚という感覚的判断が働いた結果に過ぎないからです。純粋な判断力とは、身体感覚にも習慣にも囚われない生得的な判断力です。

 この判断を趣味判断と呼ぶにしろ、これが最もその人らしさを反映する生まれ持った能力だとすると、単に美味しいから、という理由でコーラを好きになった場合には、その人らしさとは関わりを持たないことになります。

 

 たとえ、コーラが好きでも味覚だけを根拠にすれば、人との差別化を意味する、ディスタンクシオンの条件には合致しない、ということです。

 

 これらを踏まえると、現代アートはどのように卓越化が図られているのか、という視点で、作品を見るのにも役立ちます。

 

 例えば、村上隆氏の作品の特徴だと思っていた「圧倒的な迫力」は、もし、この点だけを論じれば、その作品の持つ刺激は、感覚的判断の働く領域であるために、趣味判断を扱う、卓越の評価の対象とはならないと、わかるのでした。

 

 芸術や美学まで、守備範囲の広いこの『判断力』は、この原理を知ったことで、さらに哲学に興味を惹かれ、自分の生活環境を再構成していったのだと思います。ここに、ハビトゥスを感じないわけにはいきません。それを知ったことで、自由を1つ増やしたと言えるのかと思います。

 

 今回も、学習会を通して、独学も続けた結果、実りあるものとなりました。読んでいただいた方ありがとうございました。

 

 次回の学習会。

再び、ハンナ・アーレント『政治の約束』を取り上げます。